入浴介助も行っている神奈川県平塚市で介護タクシーサービスのことなら株式会社はあと

介護・看護のお悩み お気軽にご相談ください

電話番号0463-51-6270

受付時間 8:30〜17:30

療養通所介護

ホーム > 療養通所介護

療養通所介護について

こんな方は是非ご利用ください

療養通所介護

常に看護師による観察を必要とする難病、認知症、脳血管疾患後遺症等の重度要介護者様

がん末期患者様で、可能な限り自宅で自立した日常生活を送りたいと考えている方

家族の自宅にこもりきりの重度要介護者様の孤立感の解消

心身機能の維持回復のサポートを必要としている方

家族の介護の負荷を軽減したいと考えている方

療養通所介護の仕組み

療養通所介護は、医師や訪問看護ステーションと連携して、サービスが提供されます。

療養通所介護の仕組み

療養通所介護をご利用するにあたって

1、利用条件

重度要介護者の中で医療ニーズも相当かかえており、一般の通所介護ではサービス提供が困難と考えられる方

・ALSなどの神経難病の方
・末期の癌の方
・頻繁に吸引が必要な方
・呼吸器を装着しており、常時見回りが必要な方
・CVポート、IVH、外科的チューブなどで清潔ケアが困難な方 など

上記以外で軽度要看護者の方でも、一般の通所介護に行くことができない方

・人との関わりが苦手な方
・精神的疾患がある方 など

上記以外で軽度要看護者の方でも、一般の通所介護に行くことができない方

・人との関わりが苦手な方
・精神的疾患がある方 など

容量通所介護と通所介護との違い

● 一般通所と違い少人数対応
利用者3名に対し介護者2名(うち看護1名以上)でケアにあたります。
事前に本人とご家族との面談を行い、居宅サービス計画に沿って個別てきな通所介護計画をたて、それをもとに1日を過ごしていただきます。

● 主治医との連携
通所中に状態急変した場合、主治医と連絡をとり対応していきますが、療養通所と緊急時対応で連携を取っている医師にも連絡が取れるようになっています。

2、 送迎について

看護師が同伴を必要とする場合は個別送迎体制強化加算の対応

・人工呼吸装着しているため送迎中の吸引が必要である場合
・バイタルサインが不安定であり、急変の可能性が考えられる場合 など

3、 入浴について

看護師が介助を必要とする場合は入浴介助体制加算の対象

・気切部の汚染防止のための管理、浴中の吸引が必要な場合

・バルンカテーテルや医療的チューブが挿入されている場合

・血圧やSPO2(血中酸素濃度)の変動がある場合

・リフト使用する場合

・認知症や精神疾患のため不安感が強く攻撃的になりやすく、介護者に危険を伴う場合 など

お気軽にお問い合わせください
営業時間 8:30~17:30

0463-51-6272

療養通所介護はあと  
事業所案内番号 1472003878

※療養通所介護サービス提供時間
9:00~17:00の間の3時間以上6時間以内 
または6時間以上8時間以内